過疎が進む地域

過疎が進む おじいちゃん、おばあちゃんばかりの地域

過疎化地域や限界集落などが高齢化社会によって問題視されていますが、過疎の問題はごく最近に限ったことではありません。

昭和30年代以降の高度成長期、都市部での開発が増えるにつれ山村での仕事よりも都市部での仕事を選ぶようになった若い世代が山村部から流出し、そのまま都市部に住んでしまう人口移動が起こるようになりました。

過疎地域のほとんどは高齢者の人口が多く、教育や医療など生活に関わるサービスを受けにくくなってしまうことから、過疎地域とそうでない都市部とで生活水準が大きく変わってしまったり、生産機能が大きく低下したりと問題点が多いのが特徴です。

特に限界集落と呼ばれ、ほとんど高齢者だけで構成されている地域では、食品や衣料品と言った生活必需品の買い物すらままならない「買い物難民」と呼ばれる人の多い地域もあります。

こうした地域と都市部との生活格差を少なくしたり、人口のさらなる流出を防いだり、新しく若い世代を過疎地域に呼び込むなどの対策が続けられていますが、なかなか過疎地域はなくなりません。

都市部に移り住めばいいのではないか、と思うかもしれませんが、住み慣れた場所から離れるというのは、特にお年寄りであればなかなか簡単に決められることではありませんよね。

また過疎化している地域の多くは山村や漁村であることが多いので、人が住み森林や農地、海を保全していくことで国土や自然を保全していく役割もあります。

その他にも古くから続く地域には多くの文化が引き継がれていることもあり、若い世代がその文化を受け継いでいくことで多様な文化を守ることもできるんです。

それに過疎地域では高齢者が多いことから、今後ますます進む高齢化社会のモデル地域として、先進的な地域作りをしていくための取り組みをおこなえる地域でもあります。

過疎地域にある問題をただ解消していくだけでなく、将来的に地域の自然や伝統、文化などを後世に伝えていこうとする気持ちが大切なのかもしれませんね。