介護のために職を変える人も

介護というのは自分の手が空いたときにだけやれば良いというものではなく、介護を必要とする度合いによっては1日中ほとんどつきっきりでなければいけなくなることもあります。

仕事をせずに介護をするだけの資金があれば良いですが、普通の一般家庭であれば仕事をした収入で生活し、介護の費用もまかなわなければならなくなります。

介護保険が利用できる場合は比較的少ない費用で介護施設や訪問ケアサービスを利用できるので、仕事をしながらでも親の介護をしやすいですが、介護保険が利用できる要介護度の範囲が変わってしまったら、そうはいかなくなりますよね。

実際に介護保険の利用できる範囲が狭まっていなくても、親の介護を続けるために仕事を変えているという人が少なくありません。

例えば親の介護をする時間を増やすために、現在の職よりも休みが自由に取りやすい職場を選んだり、就業時間が短い職場や残業のない職種に転職したりすることがあるでしょう。

また、これまで家庭の収入を担っていた家族に介護が必要になった場合、家計を担うためにもっと収入を得られる職業や職場を選ばなければならないということがあるかもしれません。

介護のためという理由であれば離職はしやすいかもしれませんが、再就職先や転職先を見つけるのはやはり難しいですし、転職活動をするための体力もかなり必要です。

転職できるならまだ良いかもしれませんが、中には再就職したくてもできないというパターンもあります。

介護が必要な親をもつのは40代~50代の人が大半です。いわゆる中年、熟年と言われる世代の人たちです。この年代の人が転職を希望するのであればじっくりと作戦を立てて自分を欲しがっている企業を見つけ出す努力が必要のようです。(参考サイト→中高年の転職・就職を考える!【40歳以上の仕事を変えたい人へ】

特に女性の場合「親の介護をして当たり前」という風潮がまだまだあるため、働ける環境であっても介護のために働きに出ることができないということもあるでしょう。

親の介護に関しては、介護する側だけでなく介護される側の都合を考えることも多く、なかなか簡単に解決できることではありません。

お互いが気持ちよく過ごせるような状態を見つけるのは簡単ではありませんが、長く続く可能性が高い介護だからこそ「ちょうどいい」ところを見つけられるようにしたいですね。