介護保険制度とは?

介護保険制度とは2000年4月から始まった制度で、これまで家族が介護を担ってきた認知症や寝たきりなど、介護が必要な高齢者を社会全体で支えていくものです。

原則として65歳以上の介護が必要な高齢者に、介護の度合いに応じて必要なケアプランを作成し、在宅または施設での介護サービスを受けられるという制度です。

介護サービスを利用するときには行政が決めたサービスを受けるように決められていましたが、この制度では利用者が民間業者も含めたサービス事業者を選んで契約できるので、介護サービスを選ぶ自由があるのが特徴です。

かつては介護が必要な高齢者の介護は主に家族が担っていましたが、核家族の増加による高齢者だけの世帯や単身世帯が増えてきたこともあり、社会全体で介護が必要な高齢者を支える必要があるということで作られた制度で、満40歳以上になると保険料が徴収されます。

介護保険料を支払っている人は介護が必要な状態になった場合、市町村の認定を受けると介護サービスが提供されるようになっています。

介護サービスを利用するときの負担が軽くなることから便利な保険のように感じますが、当然メリットだけでなくデメリットもあります。

65歳以上になるとほとんどの人に年金が給付されますが、介護保険は任意ではなく強制保険なので、介護を受ける必要のない人であっても介護保険料は自動的に年金から天引きされてしまいます。

保険料は掛け捨てとなってしまうため、介護保険料だけを支払ってサービスを受けないまま亡くなってしまうという人も当然いるわけですね。

介護保険に限らず、さまざまな保険にはメリットもあればデメリットもあるのが当然。

できることなら介護保険のサービスに頼ることなく生活できれば一番ですが、いつどんな時介護が必要な状態になってしまうかは誰にもわかりません。

どのような状態から介護サービスを利用できるのか、申請方法はどうするのかなど、自分の「万が一」に備えてどのような制度なのかをしっかり理解しておきたいですね。