介護福祉業界はどうなる?

介護保険制度が導入されたことで、民間企業を含めた介護福祉業界は年々拡大してきています。

これまでは社会福祉法人によるサービス展開がほとんどでしたが、民間企業やNPO法人も介護福祉業界に参入できるようになってきたため、介護福祉の分野でもサービス業としての概念が持ち込まれるようになり、業界全体がますます活性化されています。

医療が発展してきたことで社会の高齢化が進み、介護される側も介護する側もどちらも高齢になってしまう「老老介護」の状態も増え、在宅介護だけで面倒をみるのが難しくなってきています。

介護保険を利用して介護サービスを受ける負担が軽くなることから、昼間だけのデイサービスや訪問介護のサービスを受けようとしている人も増えてきて、介護福祉サービスの需要が増えてきているのも事実です。

介護福祉サービスを利用する人の要望に応えられるように、幅広い時間帯でサービスを提供していたり、送迎無料などの付加価値を付けたサービスを展開したり、介護福祉業界もより多くの利用者を確保しようという動きが今までより増えるかもしれませんね。

では介護福祉業界で働く側はどうなのでしょうか。

業界そのものが拡大していく可能性が高いということは、当然求人も多くなって来ます。

ただでさえ介護福祉業界を支える人手が不足していると言われ続けており、働きながら資格取得を目指せる環境を整えてくれる職場もあることから、若い世代だけでなく再就職を目指す主婦の活躍も期待されるかもしれません。

資格を持っていなければできない仕事や作業もある介護福祉業界ですが、逆に言えば資格を持っていれば介護福祉業界での活躍の幅は広がりますし、高齢者がいない地域はほとんどないわけですから、全国どこに引っ越したとしても資格を活かした仕事ができると考えられます。

しかし働き手の需要のわりに、なかなか介護福祉の分野で働きたいと思える人が少ないという印象はまだまだ強いですよね。

海外からの働き手を募集して人材不足対策をしている企業もありますが、このままでは担い手が先細りしていくような気もしてしまいます。